Index of /distribution/fbxmlrpc/

NameLast ModifiedSizeType
Parent Directory/ -  Directory
manual/2016-Jan-06 13:27:13-  Directory
fbxmlrpc-111.zip2009-Sep-07 16:19:37916.8Kapplication/zip
readme.txt2009-Sep-07 16:19:363.8Ktext/plain
Fabrice XML-RPC Client  ver.1.11

Fabrice XML-RPC ClientはXML-RPCメッセージをXML-RPCサーバに送信して、
レスポンスを表示するXML-RPCクライアントです。

XML-RPCについては、
   XML-RPC Specification(英語)  http://www.xmlrpc.com/spec
   XML-RPC HOWTO(日本語)  http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/XML-RPC-HOWTO/
などをご覧ください。

Fabrice XML-RPC Client はリクエストとレスポンスをfaultCodeが返ってきた場合とイントロスペクションメソッド以外は一切パースしません。元々デバッグ用に作成したもので、生のXMLのまま取り扱います。

諸般の事情で表示が英語ですが、受信メッセージに日本語UTF-8文字が含まれている場合も(コード変換の設定をOnにして、日本語フォントを指定すれば)文字化けせずに表示できるようになっています。

Fabrice XML-RPC Client はフリーソフトです。自由にお使いください。利用にあたっては各自の責任でどうぞ。一切保証はありません。

ご質問、ご要望、不具合のお知らせなどはwebmaster@fabrice.co.jp宛てにどうぞ。時間があればできるだけお返事したいと思いますが、お答えできない場合もあります。ご了承ください。

Delphi5で書かれたソースを添付しますが、コンポーネントの依存関係がご自分で解決できないと難しいかもしれません。Fabrice XML-RPC Client では以下の外部コンポーネント、ライブラリを利用させて頂いています。

   Indy(Internet direct) http://www.nevrona.com/Indy/
   Project JEDI http://projectjedi.sourceforge.net/
   XML Parser http://www.destructor.de/


動作環境
WindowsNT4で開発しています。NT4以外ではあまりテストしていませんが、Windows95、Windows98、WindowsME、Windows2000、WindowsXPで動作すると思います。

詳しい使い方などはmanualディレクトリ内のHTMLファイルを参照してください。

簡単な使い方の説明
その1 イントロスペクション
イントロスペクションAPIに対応したサービスの場合はこっちを使ってみるといいかもしれません。
1. Connection設定を対象のサービスに合わせて指定します。※1
2. Introspectionタブをクリックして表示します。
3. listMethodsボタンをクリックします。
4. 対応サービスの場合、methodHelpとmethodSignatureリストに表示されます。
5. 表示されたリストをダブルクリックするとmethodHelp、methodSignatureを呼び出して、結果をResponseタブに表示します。

その2 リクエストXMLファイルをそのまま送信
1. Connection設定を対象のサービスに合わせて指定します。
2. File-Openからエディタなどで作成したリクエスト用のXMLファイル※2を開きます。
3. Executeボタンをクリックします。
4. Responseタブが表示されて受信したXMLファイルをそのまま表示します。


※1 アーカイブに同梱のservice.opmlに有名なサービスを登録してあります。このリストはhostの選択リストとして起動時に読み込まれます。よく使うサービスの設定をここに追加して書いてくと便利だと思います。system.opmlのファイルフォーマットはOPML(Outline Processor Markup Language)です。OPMLについては、http://www.opml.org/をどうぞ。

※2 req.yubinディレクトリ下に、 郵便専門ネット http://yubin.senmon.net/service/xmlrpc.html のサンプルのリクエストXMLファイルを添付しています。


履歴
 2002-11-21 ver.1.11
 ・マニュアルの訂正
 ・ソースの整理と添付

 2002-11-21 ver.1.10
 ・マニュアルの添付
 ・表示上の細かい不具合の修正

 2002-11-20 ver.1.10b3
 ・サービスデータの登録フォーマットをOPMLに変更して有名どころをいろいろ追加した(まだOPMLの処理クラスの実装が今ひとつ)。
 ・ステータスバーとログファイルに出力するTCPのプロトコルログを詳細にした。

 2002-11-14 ver.1.10b2
 ・実行ファイルの名前がわかりにくかったのでfbxmlrpc.exeに変えた。
 ・たくさん機能追加しました。

 2002-11-11 ver.1.01
 ・listMethodsボタンをクリックしたときはResponseページを表示しないようにした。
 ・methodHelpの表示をパースして少し分かりやすく表示するようにしました。
 ・methodSignatureの表示をパースして少し分かりやすく表示するようにしました。

 2002-11-11 ver.1.00
 ・最初のリリース.


感謝
  Indy(Internet direct) http://www.nevrona.com/Indy/
  Project JEDI http://projectjedi.sourceforge.net/
  XML Parser http://www.destructor.de/


コンタクト
  Fabrice Co. http://www.fabrice.co.jp/
  webmaster@fabrice.co.jp

Fabrice Co. https://www.fabrice.co.jp/